© 2013 by Jeff Murray & Azusa Morita All rights reserved.

  • Facebook Metallic
  • Facebook Round
  • Blogger Classic

骨盤帯への機能的アプローチ・アドバンス (東京)

日本理学療法士協会 認定(専門)理学療法士制度ポイント認定講習会

​運動器(全領域)認証ポイント5ポイント 

開催日:2019年9月16日(祝)10時〜17時

     


会場 : 東京都台東区東上野1-8-2     

   オーイズミ東上野ビル西館 2階

定員:24名

腰痛の患者さんに多く見られる、「仙腸関節の不安定性」。

「仙腸関節における疼痛」は「骨盤帯の機能的バランスが悪い」

ことが大きな原因の一つです。

 

 大殿筋の機能不全が根底の問題になっているケースが多く見られ:

 *ハムストリングの過緊張

 *梨状筋などの股関節の回旋筋が代償で過活動

 *腰部の脊柱起立筋などに負担がかかる

 症状(痛み)は機能不全が起きている部分ではなく、

 代償で過度に緊張しなくてはいけない部分によく起きます。

 

 このクラスでは、「大殿筋の弱化」にどう対応するか

 「ハムストリングの過活動からくる胸腰筋膜の緊張」

 「梨状筋や腰部に負担がかかることによる神経症状」

 これらの部分に焦点を当て、進めていきます。

 

 ジェフの繊細で絶妙なパルベーション(触知)スキルを伝授していきます。

 

 [内容]

 

 ・大殿筋の機能不全の評価 ・胸腰筋膜テスト

 ・ハムストリング・アクティベーター

 ・ストレイン・カウンター・ストレイン−坐骨結節

 ・坐骨神経テスト・筋膜緊張テスト

 ・梨状筋(フック・リリース)

 ・腰椎のモビラゼーション

 ・大腿骨頭の機能テスト−外閉鎖筋リリース