© 2013 by Jeff Murray & Azusa Morita All rights reserved.

  • Facebook Metallic
  • Facebook Round
  • Blogger Classic

2019年9&10月 来日セミナー スケジュール

各クラスの詳細はご希望の日程をクリックして下さい。

9月14日(土)東京

​スポーツマッサージ•基本ストローク

9月15日(日)東京

骨盤帯への機能的アプローチ•ベーシック

9月16日(祝)東京

骨盤帯への機能的アプローチ・アドバンス

9月18日(水)東京

スポーツマッサージ•頸部

9月19日(木)東京

スポーツマッサージ•肩

9月21日(土)東京

スポーツ外傷への対応

9月22日(日)東京

骨盤の骨格の評価と調整法

9月23日(祝)東京

仙骨と腰椎の骨格の評価と調整法

9月25日(水)東京

スポーツマッサージ•上腕と前腕

9月26日(木)東京

スポーツマッサージ•胸部

9月28日(土)東京

猫背と首へのアプローチ

9月29日(日)東京

肩関節の機能的評価と施術法

10月1日(火)東京

スポーツマッサージ•腰部

10月2日(水)東京

スポーツマッサージ•骨盤帯

10月3日(木)東京

スポーツマッサージ•下肢

10月5日(土)東京

胸椎•胸郭の機能的評価とアプローチ

10月6日(日)東京

頸椎の骨格評価と調整法

10月12日(土)東京

疼痛サイクルを断ち切るテクニック

10月13日(日)東京

下肢の機能的評価と施術法

10月14日(祝)東京

​足根骨のモビラゼーション

See the big picture

「痛みがある」「筋が過度に緊張している」場合には

必ず原因があります。

理由なく、痛くなったり、筋・筋膜が緊張したり、トリガーポイントが形成させることはあり得ないのです。

 

「症状」は身体に何かが起きているサインです。

 

 ・ケガをした結果のセンサリーモーターアムネジアから、

  その代償で過活動する部分が出てくる。

 ・不安定な関節があると、それをかばう為にある筋が

  過活動して、緊張してしまう。

 

 効果的な施術には、信頼できる評価が不可欠です。

 

 ① 症状を追いかけるのではなく

     正確な評価を行い、「何が起きているのか」理解し、

   「不安定なのはどこか」を的確に判断する。

 ② 適切な施術方法を選択する。
 ③ 症状と原因の両方にアプローチする。

 

 

 

 3つのジェフ・マリー・メソッドの基本を大切に。

 

 「所見」 → 「施術」 → 「効果の確認」 を明確に。

皆さんからいただくお申し込み、メールなどが迷惑メールに入ってしまうことがあります。2〜3日経っても担当から返信がない場合はお手数ですが、もう一度ご連絡下さいますようお願い致します。

また、皆さんの迷惑メールボックスもご確認いただけますと大変助かります。

よろしくお願い申し上げます。